収益物件に必要なこと

  1. 不動産は慎重に!収益物件 トップページ >
  2. 収益物件に必要なこと

収益物件の選び方は大抵決まっているものです。
自分自身が、「どのように儲けたい」「どの様に収益物件を運営したい」などの、
明確な目的を持っていることが重要となるでしょう。

また、物件を選ぶ際には、「こんな物件なら住みたい」「ここに建てると、生活が便利になりそうだよな」など、
自分が住むことを考えて、入居者の視点で、どの様な場所に住みたいかということを考えてみても良いでしょう。
入居者の事を考えて、便利であろう要点を自分の中で整理して、
入居者の気持ちになって、収益物件を建てられた・所有できたのなら、
その場所にはおのずと入居者が集まってくることでしょう。
使う側の気持ちになって考えることも大事ですね。

また、周辺の地域にどのような施設があるのかということも大事です。
例えば、スーパーが近いと買い物に便利ですし、学校や保育園などがあると、子ども達にとっても、登下校が近くなりますし、
何より子ども達の安全にもなります。
逆に言うと、駅が近いような場所は良くても、飛行場に近いような場所では、騒音がヒドくて住みにくいですし、
治安の悪い地域なども敬遠されがちです。
これを立地条件といいますが、この立地条件を重視しているびゅうきょしゃもいるので、
立派な建物を建てても、必ずしも大勢の入居者が集まるわけではありません。
立地条件の良さも考慮しておきましょう。

最後に選ぶ際に必要なのは、「先を見据えているオーナー」ということになるのでしょうか。
仮にあなたがオーナーになるとして、どのように立派な建物・すばらしい立地条件など、
申し分ないような収益物件を運営して、入居者が大勢入居していても、
それだけでは安泰とはいえません。

「先を見据える」と言ったのは、その物件と、アパート経営の将来性という意味です。
アパート経営に関しては、金利の問題なども出てきますし、
管理や運営に関しても、入居者とのトラブルなども出てくることもあるかもしれません。
様々な状況を考慮して、それぞれに対策が打てるような状況を作っておかないと、
闇雲に運営していたのでは、オーナーの首を絞めてしまいかねません。

きちんとした方向性を持って、長く管理・運営が出来るあなたこそが、
収益物件に必要な、一番大事なものなのではないでしょうか。

Favorite

過払い金の無料相談

2017/6/8 更新

pagetop