収益物件のデメリット

  1. 不動産は慎重に!収益物件 トップページ >
  2. 収益物件のデメリット2

家賃の未払いや滞納

家賃の未払いや滞納は、オーナーの人にとって、非常に大きな問題となります。
家賃や賃料などが支払われないと、オーナーの今後の資金計画に大きな支障を与えてしまうことになります。

ですので、入居者が、本当に家賃を支払っていけるのかという、見極めも必要となってきます。
また、入居者が滞納してしまったときのための対策も、一応は練っておいたほうが良いのかもしれませんね。

家賃や賃料の滞納があると、オーナー側としては困りますが、
入居時に書いてもらった連帯保証人に連絡もしないといけなくなりますし、
最悪は裁判で争わなければならないということにもなりそうです。

誰だって、そのような手間のかかることはしたくは無いと思います。
ある程度の対策は練っておいたほうが良いでしょう。

建物が老巧化している場合

建物が老巧化していると、余程の条件にしないと、入居者が集まってこないという傾向があるようです。
ですが、立地条件が良かったりしている・賃料が安いというような物件では、入居者は常に集まってくるのでしょうし、
また、管理が行き届いていて、常日ごろから修繕などをおこなっているような物件であれば、入居者も集まってくることでしょう。そのような物件は、継続して長期の間、入居してくれやすくなるので、安定した収入の確保にも繋がってきます。

火事や地震などの天災に見舞われてしまった場合

→コチラで詳しく説明しています。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/10/5

pagetop